妊婦さんにお勧め栄養成分とレシピ

378774d9283b1cf95513b8b5fdd66f2f_s

妊娠中は、つわりがあって食欲がなくなったり、子宮が大きくなってくると胃腸が圧迫されあまり食事がとれないことが多くあります。それでもおなかの赤ちゃんのためにも栄養たっぷりの食事を摂りたいですよね。正直、つわり中は料理を作ることも困難な状態の人も多くいます。つわりは女性でしか耐える事のできない痛みと表現する人もいます。

1.妊娠中にとっておきたい栄養は?

7d8e0c032550e025235a8766b48cad88_s

なるべく妊娠期間から授乳中までとっておきたい栄養素は葉酸です。葉酸は胎児の生成に必要な成分で、安産にもつながります。母乳にも必要な成分ですので、これが足りなくなると母子共に栄養面が心配されます。枝豆、モロヘイヤ、ブロッコリー、キウイなどに含まれます。葉酸サプリに関してはこのサイトが一番情報が濃くて分かりやすかったですね。

3fa5fdf542e9777ef923321b2b44bb35_s

また、妊娠中は貧血になりやすく鉄分も貧血防止に必要です。ふらふらしたりめまいを感じたら貧血のサインですので、鉄分を意識してとるようにしてください。鉄分はひじき、大豆、レバー、切り干し大根などに含まれます。

001

またたんぱく質も母子共に体を生成するのに不可欠な成分です。脳や爪や髪の毛、皮膚などになります。豚肉、鶏肉、卵、イカやチーズ、牛乳などに含まれます。

2.妊婦さんおすすめレシピ!

これらの成分がまとめてとれる、お手軽レシピを紹介します。
どうしても食欲が出ないときは、噛むことも苦痛になります。すぐに吐き出したくなったり、お腹もいっぱいになりやすく量もあまり食べられないこともあります。スープなら、食欲がなくても飲み物感覚で飲んだり、保存してこまめに食べることが出来ます。
今回は腸を元気にしたり、赤ちゃんの免疫力も高めてくれるトマトベースのスープのご紹介です。

5f60a6c28173611053c5e7e6f18f5148_s

材料(2人分)

トマトホール 1缶
大豆
ホウレンソウ
鶏肉 20グラム
コンソメ 2個
塩コショウ 少々
オリーブオイル 少々

ホウレンソウは鉄分も葉酸も豊富に含んでいる野菜なので、ホウレンソウをたくさん使ったスープにします。

作り方

トマトホールを鍋にあけ、そこに水500ミリリットル加える。
沸騰したら、大豆、一口少に切ったホウレンソウ、鶏肉など材料を入れる。
全体がとろっとして、ホウレンソウが柔らかくなったらコンソメを溶かしいれる。
仕上げにオリーブオイル、塩コショウを少々ふりかける。

これで出来上がりです。ささっと作れる料理ですが、栄養豊富で体もあたたまります。お好みの食材を入れられるので、アレンジも効きます。食べやすいように一口少に切ると、消化も良く飲み込みやすくなります。
食欲がないときにお試しください。

妊婦さんにオススメの食事

132

妊娠し、出産までの十月十日、我が子に合うまでの長い時間、つわりなどたくさんの悩みが出てくるものですよね。私も食べつわりや便秘など悩みながら出産に挑 みました。特につわりが終わった後は甘いものが食べたくて我慢も出来ず、太り過ぎた為にお医者様に怒られてしまいました。なぜ太ったかというも食べ過ぎも もちろんのこと、妊婦の大敵「便秘」に悩まされたのも一つの原因ではないかと思っています。「便秘」に悩む妊婦さんも少なくはないのではないでしょうか。

特に、「便秘」になると病院でお薬を処方されるのですが、お腹の赤ちゃんに悪影響が出てしまうのでは?と不安になりなかなか薬を飲むことができません。なので、便秘にならないように食事をとることをオススメします。
では便秘にならない為のオススメレシピを紹介します。

ヨーグルトジュース

323ed2537113068d8093bd84b837d31c_s

材料
ヨーグルト
バナナ
はちみつ

とっても簡単です。以上の材料をミキサーにいれて混ぜるだけ!面倒くさがりの私なので、簡単に美味しい飲み物をと考え毎朝飲むようにしてました。

さっぱりオクラ納豆

c092b349fe96586f43ed18ba91b07b15_s

材料
オクラ 2本
納豆 1パック
醤油   適量
わさび 適量

これもめちゃくちゃ簡単です。納豆にオクラと醤油、わさびを入れてかき混ぜます。これをお豆腐にかけてもよし、ご飯にかけてもよしです。

便秘にならない為には、乳製品をとるといいのでなるべくヨーグルトと納豆は毎日食べるようにしていました。
そして妊娠中「鉄分不足」でも産院から注意され薬を飲んでました。もともと貧血気味の私、出産でも血が必要になるので鉄分を補給できる食事をすることも心がけていました。そこで、鉄分補給にオススメレシピを紹介します。

ほうれん草のおひたし

24c96c324b42fdbe896d38e8667d069c_s

材料
ほうれん草
油揚げ

にんべんのつゆ

これは、鉄板メニューです。ほうれん草を茹で、水でさっと洗い、油揚げとほうれん草に水:にんべんのつゆを1:2の割合で入れるだけ!とっても簡単で美味しいのでオススメです。

ママが食べるご飯は赤ちゃんに影響するので良い食事をとることをオススメします。

 

また妊婦さんがやってはいけないNG行動集まとめのサイトも結構参考になりますね。

 

ヤム芋を食べると双子が出来やすい!

双子には一卵性と二卵性があり、1つの受精卵が多胚化して出来るのが一卵性、二つの受精卵が母体に着床して出来るのが二卵性です。不妊治療などで排卵を促す薬の投与をすると多排卵になる為、双子が出来やすいと言われています。日本人の双子の出生率は他の人種と比べ低いのです。

 

しかし体外受精での双子の出産率は非常に高いのですが、現在は原則として子宮に戻す受精卵の数を1つと定められているので、受精卵が分裂しない限りは双子が産まれる事はありません。面白い事に黒人種の双子の出生率は他の人種に比べ非常に高く、特に西アフリカのナイジェリアには双子ばかりの村が存在する程です。ナイジェリア、ガーナ、コートジボワールなどの西アフリカ一帯に双子が多い理由は現地ではヤム芋を食べると双子が出来やすいと言われています。

 

 

実際に西アフリカ一帯ではヤム芋の生産量が世界で5本の指に入る国々ばかりです。特にヤム芋を多く食べる地域に双子が産まれる率が高い事からそう言われているのかもしれません。本場西アフリカ産のヤム芋は日本ではなかなか手に入りませんが、熱帯のアジアでも生産されており、食す文化があるので輸入のヤム芋は日本では購入する事が可能です。また、日本原産のヤマノイモと呼ばれる芋がヤム芋と同種です。科学的根拠は立証されていないようですが、ヤム芋には植物性の卵胞ホルモン様物質が多く含まれている事から、エストロゲンや女性ホルモンを多く摂取し、不妊治療で用いられ排卵誘発剤と同様に、多排卵を誘発するのではないかと言われています。不妊治療をしていれば、排卵誘発剤を使用する事があるので、双子が産まれる確率は上がるのですが、不妊でない女性が多排卵を求めるのであれば、ヤム芋を食べて日常から多排卵を誘発するのも双子を産む方法の1つかもしれません。黒人種の双子を産む確率は日本人の倍ほどあるので、ヤム芋の説は信憑性があるかもしれません。

 

妊婦と言えば葉酸

ブロッコリーやほうれん草などで葉酸を摂取しましょう!天然葉酸ではなく厚生労働省が推奨の合成が良いみたいですね!
最低でもサプリメントで妊娠、妊活中は葉酸をしっかり摂取しておくのがベターだと思います

ベルタは今一番売れてるようです!ハグマカやはぐくみ葉酸【こちらは天然】も結構売れてるみたいですね

button_003

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です