夏バテ大丈夫?暑さに負けない、妊婦さん応援しらす丼

GW149_R

真夏を過ぎても、残暑が長く続くと皆さんバテバテになってしまいますね。ただでさえ、いつもと勝手が違って疲れやすく、体調を崩しやすい妊婦さんには、特にこたえる季節です。食欲がわかなくなってしまったり、食べたものがお腹にもたれやすくなったり。さらに、赤ちゃんのことを考えて、栄養バランスのとれた食事を準備をするのも一苦労。そんな辛い暑い時期に、「簡単に準備できる!」強力レシピのご紹介です。

【食欲増進・しらす丼】

e84684929650a326a7622f197ad82dd5_s

材料(一人分)

・ごはん一膳ぶん(冷や飯でもOKです。雑穀まじりだったり玄米だとさらにいいですね)
・しその葉1枚(赤シソふりかけ、小さじ4分の1で代用してもOK)
・ごま(お好みに合わせて、白・黒・金何でも)小さじ2分の1
・釜揚げしらす 大さじ2・3杯ほど
・しょうゆ少々

作り方

①フライパンでごまをから煎りします。香ばしい香りを存分に吸って、リフレッシュ&疲労回復!
②軽く温めたごはんに、ごまを混ぜます。赤シソふりかけを利用される方は、こちらで一緒に。
③しその葉を手でちぎり、(これも香りでリフレッシュ!)ごはんにのせます。
④最後にしらすをのせて、ほんの少量・しょうゆをたらり。そのまま匙ですくっても、混ぜながら食べても美味しいです。

包丁もお鍋も使わず、ごく最小限の道具類で準備でき、後片付けも簡単です。ごまは何でも結構ですが、もちろん既に煎ってある市販のいりごまを使用してもお手軽です。ただ、煎りたてのごまに勝る香りはそうそうないものですが…。

妊娠中と言うと、つい「あれもしなくちゃ、これも食べなくちゃ」と、真面目な妊婦さんほど献立にはいっぱいいっぱいになってしまいがち。それ自体はとても素晴らしいことなのですが、献立のせいで疲労困憊するような事態になってしまっては元も子もありません。今回ご紹介した簡単レシピは、一見手抜きでも、妊娠中になくてはならないカルシウムやミネラルがたっぷり入ったもので、香りの力による精神回復、食欲増進効果も抜群です。手早く済ませたいときや、寝苦しかった後の朝ごはんなどに最適ですので、どうぞご利用ください。

妊娠中は食事を工夫して上手にのりきろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です