妊娠中には貧血に注意した食事をとる

妊娠すると後期によく現れる症状が、貧血です。貧血があるかどうかは、立ちくらみを起こす回数が増えた、また自分の目の下を引っ張ってみて粘膜が白くなっていないかを見て、自分である程度判断することができます。そして妊娠後期に入ると病院でも必ず貧血の検査が行われます。それは出産の時に出血などをして貧血になることが予測されるからです。それを予測して出産前に貧血は改善させておくことが基本です。多くの病院では、妊娠初期や、中期の母親学級でも貧血の予防に関する食事の指導がされます。しかし、それらの食事をいつも作るのって大変ですよね。レバーとかの食材は、臭いなど独特なものがあるので、嫌という人もいるかもしれません。しかし最近ではサプリもありますから、妊婦が摂取することができる鉄剤のサプリを利用するもの、一つの良い方法です。

そして妊娠後期の検査で貧血が判明すると錠剤を内服したり、ひどい時には、鉄剤の注射を行うこともあります。ここまで来ると貧血があることが自覚できるようになるので、やはり自分でも食を気を付けようという気持ちになりますね。自分のためと思うとなかなかやる気は起きませんが、赤ちゃんのためと思うと食事を改善しようという気にもなるでしょう。

136

貧血がある人は、貧血が改善されると体が元気になってきたと感じる人も多いです。妊娠をしてお腹がどんどん大きくなると、疲れやすい、しんどいと感じる人も多いですが、それが実は貧血から来ている場合もあるのです。そのために食事を少し改善してみるだけで、体自体が元気になることもあるんですよ。

妊娠は病気ではなく、自然の摂理です。そのために体も出産までうまく適応するように出来ていますが、妊娠中には、やはり快適に過ごせるように、そして無事に出産を迎えられるように、食事には注意していく必要があります。

妊婦さんにオススメの食事

妊娠初期の偏食と増えた体重

7f95b9957e6ac1819774a91895a2f0bd_s

妊娠すると、しばらくして始まるのがつわり。人によって、程度の差がありますが、大なり小なり吐き気や眠気、倦怠感などを訴える人はいますよね。そして食べることのできないつわり、反対に食べづわりというものもあります。でもこれはその時期が訪れてみないと自分がどのようなつわりを持つのか全く分からないのです。また複数回妊娠の経験があっても二つとして同じ経過を歩むこともないのです。

以前の妊娠では、つわりの間にマックを食べたくて仕方ない時期がありました。特にポテトが食べたいのです。ほかの普段の食事などのものは匂いがしたりして食べることができなかったのですが、ポテトだけは別。塩分も欲しかったし、味の濃さも体が欲しているような気がして、良く食べていました。そのせいか体重は妊娠初期にもかかわらず、激増。かなり医師に注意をされましたね。
お腹に赤ちゃんがいるから食べなきゃという考えに甘えていたのかもしれません。でも医師に言わせると、それは栄養の偏っていた時代に二人分食べなきゃと言っていたけれど、現在は飽食の時代。妊娠中そんなに食べる必要はないと諭されました。

8483b76e6bccf1e0142c85ca06c5105c_s

つわりの時期を脱してから、私のポテト病も自然と治まってきました。それから、私のダイエットが始まりました。ダイエットと言っても、赤ちゃんがいるわけですから、過度なものはできません。バランスの良い食事を適切な量だけ取る。そして運動をするということを心掛けました。その結果、妊娠初期に激増した体重から2キロ程度増えただけで、出産を迎えることができたのです。

今思うとつわりの時期を乗り越えることができたのは、好きなものを食べたからできたとも感じています。そして好きなものを食べたという満足感で、後半は頑張ることができたのかな。だから妊娠中は食べることに関して満足感を得られるような食事が自分にとっても赤ちゃんにとっても大切だと思います。

ストレスの溜まらないバランスの良い食事が一番!妊娠中おすすめレシピを多数紹介しています☆